【お助け食材】トマト缶の活用方法 昔ながらのミートソースを作るの巻

料理レシピ
スポンサーリンク

それぞれのご家庭に「常にストックしてある食材」があると思いますが

【トマト缶】

を常備しているご家庭は多いのではないでしょうか。たけとり家も例外ではなく、トマト缶の安い時を狙いまとめ買いしてストックしています。

でも、そのトマト缶どんな料理に使おうか悩むときありませんか?そこでオススメなのはど定番のミートソース。

たけとり家では合い挽き肉を安い時に買い、大量に作ります。そして大人用と子供用に分けて冷凍して平日のお手軽夕飯に大活躍しています。

それでは、ご紹介スタート!

埼玉・東京・千葉・茨木・栃木・群馬・長野・新潟ならコープデリ

★毎日のお買物をネットで注文★便利な生協の宅配サービス!毎週約1,800品目掲載のカタログから、食品や雑貨をご自宅でゆっくりお選びいただけます。ご注文後は、ご自宅までお届けします。
まずは気軽に資料請求

ミートソースの材料

材料

合いびき肉200g
玉ねぎ1つ
にんじん1/3本
しいたけ1つ
トマト缶(カットでもホールでもOK)1缶

調味料

トマトケチャップ大さじ6
ウスターソース大さじ2
しょうゆ小さじ1
日本酒(料理酒可)大さじ2
小さじ1/2
コショウ2振り
コンソメ小さじ2
ナツメグ1振り

作り方

玉ねぎ・にんじん・しいたけをみじん切りにします。めんどくさい大変なのでフードプロセッサーで一気にガガッと🔪

かなり細かくなりましたが、ざっくりがお好きな方は大きめでもOKです。

ひき肉を入れて炒めます。ひき肉の色が変わればOK。

炒めたひき肉と野菜・トマト缶・調味料を大きめの鍋にすべて入れ、弱めの中火で30分煮込みます。この工程は時間はかかりますがじっくり煮込んだほうが美味しくなります。トマトの酸味もまろやかになります。

ケチャップはメーカーによって甘みが全然違います。もし、トマトの酸味が強く感じる場合は砂糖を加えるといいですよ。

30分煮込んだら完成!煮込んだ前と後、画像だとわかりにくいかもしれませんがしっかり違います。

昔ながらの普通のミートソースですが、美味しいのです。そうそうこの味。と思っていただける味だと思います。

全部入れて煮込むだけ。冷凍保存OK。簡単美味しいミートソースの出来上がりです。

大人用と子供用に分けて冷凍する

たけとり家は共働きで、平日の帰宅はいつも17時過ぎ。(これでも時短勤務で早いほうなのです…)

保育園から帰宅直後の「つきのみや君」はおなかがぺっこぺこ。某あおむし並みです。まだ1歳半のため『今すぐ作るからちょっと待ってね♡』は全く通用しません。なので、夕飯はスピード勝負。いかに早く美味しいものを提供するか、のために日々工夫しています。

その一つが

ミートソースやカレーを作って湯煎にかけられる袋に入れて冷凍

いないいないばあっ!の協力のもと、見てもらっている間に麺を茹で、同時にソースも湯煎しておき完成です。

画像は子供用に冷凍する量です。だいたいお玉1杯分。大人用はお玉2杯分入れます。

袋に入れて、ヒートシールして、冷凍。食べるときは湯煎にかけるだけ。なので本当に簡単であっという間です。我が家の「はらぺこつきのみや君」も大好きです。

カレーやミートソース、シチュー、スープ類、チャーシューなどもこの方法はおすすめです。

まとめ

  • レトルト食品の感覚で湯煎して、かんたんに食べられる冷凍方法はおすすめ!
  • 子供用のパスタは、早茹でタイプのスパゲティかマカロニを使用しています。
  • トマト缶と挽き肉であっという間に作れる、昔ながらのミートソースです。給食の味に似てる気がします。
  • 共働きでも手作りを美味しく手早く用意できます。

タイトルとURLをコピーしました