赤ちゃんの粉ミルクにウォーターサーバーの水やミネラルウォーターを使う理由の巻

子ども関連
uni10さんによる写真ACからの写真
スポンサーリンク

今回は粉ミルクに関するペットボトルの水とウォーターサーバーのご紹介です。

粉ミルクの作り方は70℃以上のお湯で粉を溶かし、40℃以下になるまで流水で冷まして利用するということが基本です。

ただ「たけとり家」は共働き、これを忠実にまもると夜中のミルク時間も1時間近く赤ちゃんをあやしながら起きていなければならないのです。

加えて朝も30分早く起きてミルク作りのための時間を確保しなければならないのです。

熱いお湯でミルクを溶かし、冷たい水を加えて適温まで冷ませば時間を短縮できます。この作り方が推奨されていない理由は衛生的ではないからです。

ならば衛生的なお湯と水と哺乳瓶があれば、この作り方で問題無いはずです。

安全なミネラルウォーター、ウォーターサーバーの選び方を今回はご紹介致します。

それではご紹介スタート!

赤ちゃんに安全な粉ミルクとは

こてつんさんによる写真ACからの写真

赤ちゃんに安全な粉ミルクとは簡単に言ってしまえば次の3点です。

  1. 病気の原因となる細菌やウイルスに汚染されてない粉ミルク
  2. 赤ちゃんの体に負担となる物質が含まれていない粉ミルク
  3. やけどしない40℃までの粉ミルク

これを実現するために、「粉ミルクを作るときは70℃以上のお湯で粉を溶かし、40℃以下になるまで水で冷まして利用する」と言ったことが推奨されているのです。

(ここからは細かい話なので読み飛ばしてもOK)ちなみに推奨しているのはWHOという国連の組織です。WHOは「粉ミルクが細菌によって汚染されている可能性があるので熱いお湯で粉ミルクを溶かし、細菌を殺して、これを容器ごと冷まして赤ちゃんに与えてください。」と粉ミルクの作り方に関してガイドラインを定めています。この英語のガイドラインを日本の厚生労働省はそのまま訳してサイトにアップしています。(細かい話終わり)

ウイルスや細菌に汚染されていないウォーターサーバー、ペットボトルの水

Thomas AulerによるPixabayからの画像

ペットボトルやウォーターサーバーの水の原料(原水)は地下水だったり、水道水だったりします。その原水をろ過/加熱殺菌(除菌)を行い、消毒されたボトルへ充填します。

ボトルに充填する飲料水の殺菌(除菌)方法には何種類かあり、その方法により粉ミルクを作るのに適しているものといないものもがあります。

  1. 加熱殺菌処理
  2. RO膜ろ過処理
  3. メンブラン・セラミックフィルターろ過処理

主にこの3つです。この3つに対応した商品をご紹介していきます。

加熱殺菌処理

congerdesignによるPixabayからの画像

加熱殺菌処理は原水に含まれた細菌やウイルスなどの病原体を殺菌したり不活化したりするのに熱を用います。

ペットボトル水や天然水のウォーターサーバー用の水として一般的な作り方です。

ペットボトルの水なら皆さんも見かけたことのある商品が該当します。

例えば「い・ろ・は・す」です。自動販売機やコンビニで手軽に購入できる商品ですが、加熱殺菌しており、加えて「軟水」なので粉ミルクに最適です。

次にご紹介するのがサントリーの「天然水」シリーズです。採水地によって「阿蘇の天然水」、「奥大山の天然水」、「南アルプスの天然水」とラインナップがあります。

いずれも加熱殺菌した商品で「軟水」となっており粉ミルクを溶かすのには最適です。

「たけとり家」でよく利用しているのはこちらのビクトリーの「ピュアの森」です。

こちらの商品も加熱処理をしている「軟水」となっておりミルク作りには最適です。

他の製品に比べて価格もリーズナブルなところも嬉しい点です。「たけとり家」ではミルクを作るのにこちらのお水を主に使用していました。

「たけとり家」ではウォーターサーバーも検討しました。「ミネラルウォーター安心本舗」の天然水が軟水で加熱殺菌してあり、サーバーも除菌システムがしっかりしていました。

電話オペレーターや配達員の方の対応、キャッシュバックをキチンと支払ってくれるかなどの対応も口コミでは良好でしたのでおすすめです。

RO膜ろ過処理

acworksさんによる写真ACからの写真

ROろ過処理というのは穴の大きさが1億分の2ミリメートル程の膜でろ過処理する事をいいます。

感染症の原因となる細菌類の大きさは1億分の1000ミリメートル程度、ウィルス類は1億分の20ミリメートル程度です。そのためRO膜を通過できずに、ろ過された水は安全ということになります。

赤ちゃん用品店などで売っている赤ちゃん用の水(純水やピュアウォーター)と書かれているものはこの種類になります。

RO膜ろ過処理をする事によってミネラル分も取り除かれているので軟水ということになり、赤ちゃんのミルクに最適です。

ただ、本来は加熱殺菌処理された天然水などよりも低コストで製造出来るにもかかわらず、売値が高めなのが難点です。

ウォーターサーバーの場合はRO膜ろ過処理されたピュアウォーターや純水は他の天然水よりも安価に売られており、ペットボトル水を購入するよりおすすめとなっています。

「たけとり家」ではRO膜ろ過処理水を扱っていてオペレーターや配達員の対応について口コミで比較的評判の良い「アルピナ・ピュアウォーター」を利用していました。

使用しているときに大きなトラブルもなく、オペレーターさんの対応も良好でした。入会のキャッシュバックキャンペーンの支払いも迅速でしたし、退会の対応もスムーズでした。

とてもおすすめのウォーターサーバーです。

メンブラン・セラミックフィルターろ過処理

acworksさんによる写真ACからの写真

最後にペットボトルやウォーターサーバーの水として穴の大きさが1億分の200ミリメートル程のフィルターを使用して除菌している水もあります。

細菌類の大きさが1億分の1000ミリメートルなので病気の原因となる細菌汚染は問題なく防げます。ただ、1億分の20ミリメートル程度のウィルス類はこのフィルターを通過してしまいます。

ミネラルウォーターの原料となる井戸水などがウィルス類に汚染されている事はほぼないのでこれで大人が飲むには十分安心なのですが、赤ちゃん用途には万が一を考えて私たちはこの種類のミネラルウォーターを使用しての粉ミルク作りは避けました。

赤ちゃんの体に負担となる物質が含まれていないウォーターサーバー、ペットボトルの水

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

赤ちゃんが口にする水として細菌類やウイルスなどに汚染されていないことはもちろんですが、身体や発育に関して有害な物質も避ける必要があります。

粉ミルクに使う飲料水として注意しなければならないのがミネラル分です。ミネラル分は一定量は赤ちゃんの発育にとって必要ですが多すぎる量は腎臓に負担をかけます。

離乳食を薄味に作るのと同じ理由で粉ミルクに用いる飲料水のミネラル分も多すぎないように管理する必要があります。

目安としては粉ミルクには軟水を用いる事です。軟水とは硬度60mg/l未満の飲料水をいいます。硬度とは飲料水の口当たりに大きく影響するマグネシウムとカルシウムの溶けている量を示す指数です。

硬度の面から粉ミルクにおすすめの飲料水は次の3つです。

  1. 水道水
  2. 軟水のミネラルウォーター
  3. RO膜ろ過処理された純水(ピュアウォーター)

水道水

chappyさんによる写真ACからの写真

日本の水道水は法律により、硬度が300mg/l未満になるように定められています。しかし、日本の多くの地域の水道水は軟水です。ミネラルの面からは安心して使用できます。お住まいの地域の水道局のウェブサイトなどで水道水の硬度は確認できますので一度確認してみてはいかがでしょうか。

軟水のミネラルウォーター

Dani JohによるPixabayからの画像

ミネラルウォーターのラベルには軟水、硬水が書いてあるため、粉ミルクに使用する際はよく確認してください。日本の水を原料としている製品は軟水が多く、海外産とくにヨーロッパの水を使用してい場合は硬水が多いです。ちなみに「エビアン」は硬水です。エビアンはフランスで採水された水が原料となっています。

RO膜ろ過処理された純水(ピュアウォーター)

ママレモンさんによる写真ACからの写真

ピュアウォーターや純水と言われるRO膜ろ過処理水は先程ご説明した細菌類やウイルスのみならず、マグネシウムやカルシウムに代表されるミネラル分も取り除かれています。

そのためRO膜処理水は硬度が0(ゼロ)となります。粉ミルクを作るには最適の水となっています。コスト的にもミネラルウォーターと比較すると、安価なためお財布にも優しいのが特徴です。

やけどしない40℃のミルク

はまこJAPANさんによる写真ACからの写真

赤ちゃんの粉ミルクは概ね40℃以下の人肌まで冷ましてから与える必要があります。水道水を使って粉ミルクを作るときはこれが非常に面倒です。一度沸騰させたお湯で粉ミルクを溶かし、流しっぱなしの水道水などで温度を覚ますのが一般的です。

夜中の授乳やお腹がとても空いているときは泣いていて粉ミルクを冷ますのもままなりません。そんな時に冷たい水を熱湯で溶かした粉ミルクの中へ投入できれば時間短縮になり、赤ちゃんにも親御さんにも優しい状況です。

しかし、水道水を直接添加するのはあまり衛生的ではないためにお勧めできません。衛生的にウォーターサーバーやペットボトルの水を使って粉ミルクを溶かすために「たけとり家」では次のような方法で調乳を行っています。

70℃以上のお湯で粉ミルクを溶かす

Iris HamelmannによるPixabayからの画像

粉ミルクや哺乳瓶が万が一、細菌等に汚染されていたことを考慮して70℃以上のお湯で溶かすことが好ましいとされています。熱いお湯で細菌等を殺してしまおうという考え方です。

ここではウォーターサーバーの温水機能を用いるのが便利です。多くのサーバーは85〜90℃の温度に設定されているようになっているので、取扱説明書を確認してください。

細菌等やウイルスに汚染されていない常温〜冷たい水を加える

パンダの中のパンダさんによる写真ACからの写真

お湯で溶かした粉ミルクに加える水が病気の原因となる細菌やウィルスに汚染されていなければそのままで大丈夫なはずです。

先ほど紹介したRO膜処理水や加熱処理したミネラルウォーターがおすすめです。

出来上がりのミルクの温度を安定させるために、例えばミルク150ml作るときは、サーバーのお湯80mlと水70mlを加えるなど、予め量を決めておくことがおすすめです。

量があっていれば温度はずれずに安定します。この、手早さが夜泣きする月齢の赤ちゃんとパパママにはプライスレスです。

ウォーターサーバーに本当に助けられた「たけとり家」のお話でした。

まとめ

  • 「たけとり家」は共働きで、粉ミルクを作る時間も負担に感じていました。ウォーターサーバーの水やペットボトルの水をうまく活用して時短を図っています。
  • ウォーターサーバーのコストは月2000円くらいです(つい大人が飲まなければ)。時間をお金で買った感じたと思います。
  • この粉ミルクの作り方でお腹をこわすこともなく、元気に育っています!

タイトルとURLをコピーしました