【保育園】0歳児の通園準備!3月中に用意するものをブログでご紹介しますの巻【4月から復職】

アイテム紹介
スポンサーリンク

「たけとり家」の子ども「つきのみや」くんは昨年の4月から生後7ヶ月で保育園通園を始め、もうすぐ1年になります。昨年の2月〜3月にかけて取り組んだ通園準備を思い出し、ご紹介したいと思います。

通園準備には4月から通園予定の保育園から指定されたものの他に、両親の私たちが通園に便利かもしれないと思い用意したものもあわせてご紹介します。

イメージ的には1ヵ月かけてゆっくりと用意する感じでした。

それではご紹介スタート!

【通園準備】たけとり家で独自に用意したもの【0歳児】

たけとり家で独自に用意した保育園入園準備グッツは3つです。1つめは「おむつポン」、2つめは「おなまえスタンプ」、そして3つ目は「おなまえテープ」です。どちらも保育園に持っていくものに記名をするためのアイテムです。結論から言うと、通園カバンなどを手作りさせられる保育園は別として、保育園準備で一番大変なのは持ち物に記名する作業です。この作業をいかに効率的に行うのかが保育園準備でしんどい思いをしないコツだと思います。

保育園は働く親御さんのための施設です。ただでさえ、仕事で負荷がかかっているのに持ち物の手造りを強要するなどもってのほかです。

【保育園 通園準備】おむつポン

「おむつポン」はおむつ用名前記入用スタンプです。おむつの他にも大きめのものにたくさん記名をしなければいけないときにとても重宝します。

0歳児を保育園に通園させると、毎日6〜8枚のおむつが必要になります。毎日記名するのはちょっと手間だと考えて「おむつポン」を購入しました。その時の様子を以前ブログに詳しくまとめましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

参考のブログはこちら:【保育園】オムツへの記名を楽にする方法の巻【持ち物】

【保育園 通園準備】おなまえスタンプ

「おなまえスタンプ」はメールオーダー式で名前のゴム印を作れる商品です。さまざまな大きさのゴム印を作れて保育園の持ち物記名にとても便利です。繰り返しになりますが、保育園の持ち物にはすべて記名することをお願いされるのでいろいろな大きさがあるととても重宝します。

【保育園 通園準備】おなまえテープ

3つめに用意したのが「おなまえテープ」です。写真の大きさだけではなく、もう少し太いタイプの商品も合わせて購入しました。持ち物に直接スタンプを押して記名する場合もあるのですが、タオル類やカバンには「おなまえテープ」を貼ってその上にスタンプを押しました。

洗濯を重ねると徐々に色落ちしていくスタンプのインクもポリエステルが入っている「おなまえテープ」の上に押すと相性がいいらしく色落ちがしにくくなりおすすめです。

アイロンで貼り付けるタイプの「おなまえテープ」もタオルの上にはいまいち接着力が強くありません。一直線でいいので中心部分を針と糸で並縫いして補強するとテープも取れにくくなりおすすめです。

【通園準備】保育園から指定されたもの【0歳児】

保育園から指定された品物は下の表にまとめました。何れの持ち物にもしっかり記名しなければいけません。全部を一気に記名するのは大変だったので、何回か週末に分けて夫婦二人で手分けして行いました。

口ふきタオル1日3枚 3日分
食事用エプロン(0〜2歳児)1日3枚 3日分
紙おむつ1日8枚
おしりふき1袋づつ なくなったら随時
着替え(肌着こみ)3セット分
スタイ1日3枚 3日分
粉ミルク・哺乳瓶セット4〜1本
マグマグ1つ
ポリ袋1日2枚
防寒着(秋〜春)1着
運動靴1足
通園用バッグ2つ
お昼寝用バスタオル・シーツ1セット

【保育園 通園準備】口ふきタオル

口ふきタオルは1日3枚必要とのことで、3日分の計9枚用意しました。洗い換えを考えても3日分あればなんとか回せてます。サイズはとくに、指定は無かったのですがハンドタオルサイズの20cm×20cmのものを用意しました。

記名はアイロンで貼り付ける「おなまえテープ」に「おなまえスタンプ」で名前を押し、タオルに貼り、補強として1直線に糸で縫い付けました。

アイロンで貼り付けただけならおそらくすぐにとれてしまいます。補強の縫い付けのおかげで無事に1年持ちました。

【保育園 通園準備】食事用エプロン

食事用エプロンは食事の際に食べこぼしでお洋服を汚さないためのエプロンです。色々なタイプがありますが、保育園で指定されたのは袖の無いタイプです。

最初はマジックテープで留めるタイプを用意しましたが、保育園から食事の時に嫌がって自分で取ってしまうのでボタンのタイプに替えてくださいとお願いされました。

数は1日3枚用意をお願いしますと指示がありました。午前中のおやつ用、給食用、午後のおやつようです。洗い換えを考えて9枚用意しました。9枚でなんとか洗濯しながら回せている状況です。

【保育園 通園準備】紙おむつ

おむつは1日分を余裕をみて8枚用意してくださいと保育園から指示がありました。オムツにも毎日記名が必要です。

マジックで毎日8枚記名するの大変だろうなぁと思い「おむつポン」という商品を見つけてきました。購入から約1年たちますが、壊れたり不具合が起きることも全くありませんでした。補充インクも十分な量があり、まだまだ大丈夫です。

このときの詳しい話をまとめたブログを以前まとめてあるので、よろしかったらご覧になってください。

参考のブログはこちら:【保育園】オムツへの記名を楽にする方法の巻【持ち物】

【保育園 通園準備】おしりふき

おしりふきは今まで毎日使っているもので良いと思います。保育園からとくに指示がなければ、簡単にフタを閉められるように粘着剤で貼り付けるタイプのフタをつけてあげましょう。

先生は私たちが考えているよりずっとやることが多くて大変な仕事です。少しでもオムツ代えが楽になるように!

おしりふきの袋にも名前を書かなければいけないので、粘着材で貼り付けるタイプのフタを使用しるなら、そのフタに被らない位置に記名しましょう

【保育園 通園準備】着替え

着替えは肌着もあわせて3セット用意してくださいと指示がありました。洋服や肌着にももちろん記名は必須です。基本的にタグに「おなまえスタンプ」で記名しました。洋服によりタグの大きさは違うので、いろんなサイズのスタンプがセットになっているのはとても助かりました。

季節にあわせて順次入れ替えていく感じで「たけとり家」がお世話になっている保育園は洋服が長袖→半袖→長袖と変化していきました。

外遊びなどや食べこぼしで汚れてしまったら、お着替えして帰ってくるので、減ったら足すを繰り返していきます。

また、ロンパスタイプ、フードつきのもの、ジップアップタイプのものは普段の通園も含めてNGとなっていました。これからお洋服を追加で購入される方は保育園からの指示をまだ確認していない場合は確認したほうがいいでしょう。

【保育園 通園準備】スタイ

スタイは10枚以上今まで使用していたモノもあわせて通園用に使用しています。洗濯して乾いたら通園バッグに入れるみたいなイメージで絶えず不足がないようにしています。

スタイにも記名するので「おなまえスタンプ」がとても役に立っています。

スタイの記名場所は保育園から特に指定がなかったので、都度、スタイに合わせて適切な場所を選んで押しました。タグに押したり、裏側の目立たない場所に押したりです。

【保育園 通園準備】粉ミルク・哺乳瓶セット

粉ミルクは入園当時の4月は7ヵ月でしたので、保育園にいる間の4回分のミルクと哺乳瓶を用意していました。上の商品を使用して3回分のミルクを用意し、予備としてスティックタイプに小分けした粉ミルクを1回分、念のために毎日持たせていました。何回分のミルクが必要か、保育園の先生とよく相談するといいと思います。

ちなみに、1歳を越える頃には、ミルクの用意は保育園からの提案で終了しました。

「たけとり家」がお世話をなっている保育園はミルクを1回分ずつ小分けにする必要があったので、小分け用の容器も用意しました。スティックタイプやキューブタイプを使用してもいいと思います。

どのような素材の哺乳瓶を使用するかは保育園の指示に従ってください。「たけとり家」では特に指示はなかったのでプラスチック製の哺乳瓶を使用していました。

以前、その理由を詳しくブログにまとめました。よかったらご覧になってください。

関連のブログはこちら:【煮沸消毒OK】哺乳瓶のおすすめ素材はプラスチック一択の巻【電子レンジOK】

【保育園 通園準備】マグマグ

マグマクはもともと家庭で使用していたものでプラスチックとシリコン素材のストローが組み合わさったタイプの製品を選びました。毎日お茶を用意して持っていくために使用します。「つきのみや」くんの通う保育園は各家庭でお茶を毎日用意するシステムになっています。

夏場は毎日洗っていましたが、哺乳瓶と一緒に電子レンジを用いる蒸気殺菌もしていました。ストロー部などの細かい部位の洗浄は小型ブラシを用いて入念に実施していました。お腹壊したら、本人が一番可愛そうだけれども、保育園も長期に休む必要が出てきます。そういったことにならないように注意していました。

持っていくのは麦茶ですが、毎日沸かして入れるのはちょっと負荷がおおきいので「たけとり家」ではインスタント麦茶を水で入れてあげて保育園に持たせてあげます。

大人も飲んで美味しいか確かめてみましたが、まずまずです。私たちがよく使っているのは伊藤園の「ミネラル麦茶」です。

【保育園 通園準備】ポリ袋

ポリ袋は保育園からの帰りの際に汚れ物を入れるために毎日荷物に入れてくださいと指示があります。この頃は買い物してもレジ袋がもらえません。そのため保育園用に改めて購入しなければなりません。100円ショップでも手頃な袋が売っていますが、「たけとり家」では様々なパッケージや紙コップ類をまとめ買いするのでオンラインショップ「パッケージプラザ」をよく利用しています。

ちなみにこのポリ袋にも記名が必要です。「たけとり家」では「おむつポン」を利用しています。「おむつポン」のインクは完璧では無いですが、油性インクなのでポリ袋にもある程度ハンコが押せます。

【保育園 通園準備】防寒着

防寒着は普段通園に着ていく防寒着の他にお散歩用の防寒着の用意する必要がありました。通園用の防寒着と同じなのですが、フードのついていないもの、前開きのものという指定がありました。お散歩用防寒着は公園などの砂場で遊んだりする可能性もあると考え、洗濯機洗浄可能なものを用意しました。

また汚れるだろうと予想してリサイクル品を買って保育園においてあります。週末に洗濯のためにお持ち帰りすることになっています。

【保育園 通園準備】運動靴

「つきのみや」くんが通園を開始した頃はまだ歩き始めていませんでした。そのため通園開始と同時に靴を用意することはありませんでしたが、つかまり立ちが始まると同時期に保育園から靴を用意してくださいと指示がありました。

その時はまだ、お出かけの際も靴を履いて出かけることがありませんでしたが、保育園のお散歩で移動式のゲージを使用するらしく、そのときに靴を履く様でした。普段の通園にもまだ靴を履いていなかったのでひと足早くデビューとなりました。

この靴は保育園によっても異なるのかもしれませんが、災害時避難用も兼ねているらしく、保育園に置きっぱなしとなるものです。サイズが小さくなると都度、指示があり交換するかたちとなっています。

【保育園 通園準備】持ち帰り用バッグ

保育園用のバッグは保育園によって違うのかもしれませんが、「つきのみや」くんが通う保育園は2つの通園バッグが必要となっています。1つめは毎日のおむつやお茶を持っていくもの、2つめは週末に1週間使ったタオルケットとシーツを持ち帰るものです。

こちらのバッグは月曜日に洗濯したタオルケットとシーツを再度入れて保育園に持っていきます。

この2つのバッグにももちろん大きく記名が必要です。「つきのみや」くんのバッグにも太い「おなまえテープ」に「おむつポン」でスタンプし木綿糸で縫い付けてあります。洗濯してもきっちり1年間残っているのでお薦めの記入方法です。

マジックも「おなまえスタンプ」のインクも生地との相性があって、ポリエステルが入っているものは洗濯しても文字が落ちにくく、逆に綿100%のものはすぐインクが落ちてしまいます。都度、落ちたら書き直せばいいと思ってると一斉に薄くなっていきます。保育園からも書き直しの指示がありますのでわかっているなら最初から1年間持つ方法を使用したほうがおすすめです。

【保育園 通園準備】お昼寝用バスタオル・シーツ

保育園はお昼寝の時間があり、シーツとタオルケットを用意します。これはどこの保育園も共通かと思います。保育園の中は暖房がしっかりとしているので冬でもタオルケットで大丈夫です。金曜日の退園時にタオルケットとシーツを渡されて、週末に洗い、月曜日に再度持っていくと形になっています。

タオルケットとシーツにも記名が必要です。場所については保育園ごとに指示があると思いますので、保育園の指示に従ってください。「たけとり家」ではカバンに縫い付けたタイプと同じ太さの「おなまえテープ」に「おむつポン」で記名しカバンと同じように4辺を木綿糸で縫い付けています。

これもカバンと同様に、1年間しっかりと名前も消えずテープも取れず持っています。繰り返しになりますが、名前関連は1年間持つものをしっかりと準備することが後々の負担軽減につながります。

まとめ

  • 0歳時からの保育園通園の準備について「たけとり家」の例を参考にご紹介しました。
  • 保育園通園準備の基本は持ち物を保育園の指示通りに集めたらすべてのものに記名です。例外なく記名です。記名する位置が決まっているものなどもあるので、保育園の指示をよく確認してください。
  • 名前の確認など、保護者が協力すれば保育士さんの負担軽減につながるものはとことん協力しましょう。保育士さんにお願いしたいのは名前の確認ではなく、子どもたちのお世話です。
  • 保護者も仕事を持って日々忙しいのが当たり前です。名前なんて1度書いたら洋服やタオルなど使えなくなくまで持ってもらいたいものです。そのためにはしっかりと素材と材料を選びましょう。
タイトルとURLをコピーしました