エアコン洗浄を自分で計画するも洗浄機など専用の道具が必要なのでプロの業者にお願いしました!

掃除・洗濯
スポンサーリンク

夏場、冷房でフル回転していたエアコンも秋になるとドライ運転や暖房運転に切り替わったりします。

ドライ運転や暖房運転時には装置内を加熱することもあり、どうしても内部のカビ臭さが気になってしまいます。実際にカビ臭いにおいを嗅ぐと健康面も不安になります。

私たち家族にはまだ未就学の園児がいることもあり、肌トラブルや喘息などに影響も心配です。

秋はエアコンの使用頻度も低いこともあり、このタイミングで業者さんにお願いして洗浄を計画することにしました。

その時の状況をご紹介します!

エアコン洗浄とは

エアコンは夏場、冷房として使用すると内部で発生した結露の影響でほぼ間違いなくカビが発生しています。おまけに部屋の空気を循環しているのでホコリなども一緒に巻き込んでいる状況です。

上の写真はエアコンを分解し専用の洗剤で洗浄した時の排水です。ハウスダストとカビがないまぜになった排水がドロドロと流れ出てくるのがはっきりわかると思います。

見るからに汚い排水ですが、この汚れを洗浄するとどのような効果があるのでしょうか?詳しく解説します。

【エアコン洗浄】かびの臭いが改善します【おすすめ】

特に冷房運転時にはエアコン内には結露が生じ、カビの発生しやすい状況となっています。最近のエアコンは冷房運転終了時に送風運転を行い、カビの発生を抑える機能を持っている機種もありますがそれでも絶対カビは発生します。

また、部屋の空気を循環しているためにどうしてもホコリを巻き込んでしまい、エアコンの内部はとてもカビの発生のしやすい環境です。

季節が変わり、暖房の使い始めなどは湿ったエアコンの内部が暖められ、カビの臭いが充満します。エアコン洗浄はこのカビの臭いをもとから除去できるので臭いが全くなくなります。

【エアコン洗浄】アレルギーの原因カビを除去します【おすすめ】

カビって嫌な臭いだけではなくアレルギー症状の原因になったりもします。また、ごく稀にですが免疫力の弱ったお子さんやご高齢の方などには肺真菌症といった感染症の原因になったりもします。

国もエアコンに起因する健康被害には注目しており、化学物質や製品の安全性を調査・研究している独立行政法人 製品評価技術基盤機構はエアコン内部に発生するカビやきのこ類の健康に対する影響を藤田医科大学医学部の呼吸器内科アレルギー疾患対策医療学講座と共同で研究しています。

【エアコン洗浄】電気代を節約出来ます【おすすめ】

エアコン内部の風の通り道にホコリやカビが溜まっているということは冷房や暖房の効率が落ちてしまうということに直結するのはみなさんも想像しやすいと思います。

加えてエアコンのシロッコファンと呼ばれる送風部にもホコリやカビはびっしり付着しています。回転部が重くなることも同様に効率悪化につながります。

エアコンの効率悪化は不必要に設定温度を高くしたり低くしたりすることにつながり、結果的に電気代のアップとなります。クリーニング業者の実際に作業していただいた方に伺ったら、掃除しないで放置したときの効率悪化は一説には20%程度と言われていますとおっしゃってました。

特に光熱費が値上がりしている今秋以降にエアコンの電気代が20%程度、抑えられるとしたら非常にお得ですね!

エアコン洗浄は自分でやる?業者に頼む?

今回、エアコン掃除は業者さんに依頼しました。実は、以前に自分でエアコン洗浄に取り組んだこともあります。その時は一台辺り半日ほどの時間がかかってしまい、大変苦労しました。

今回は業者さんにお願いし、一台一時間ちょいでキレイに洗浄してくれました。

実は自分で取り組んだ時に時間がかかった理由は専用の洗浄機ではなく汎用のスチームクリーナーを利用したからです。

約100℃の蒸気でスッキリ洗浄

  • 頑固な汚れをスチームで浮かせて落とします
  • 高温蒸気で除菌もできる!
  • 豊富なパーツでキッチン・お風呂・トイレやサッシなど家中の掃除に大活躍

キッチンの油汚れやサッシのホコリなどをキレイにするにはとても重宝するスチームクリーナーですが、エアコン洗浄にはちょっと非力過ぎます。

新たに専用洗剤や専用の養生シートを購入するのにも費用がかかることもあり、最近は専門業者さんにお願いしています。

暮らしのサービスをオンラインで予約する

  • インターネットで事前に料金がわかる!
  • 充実の口コミで信頼できる店舗を探せる!
  • くらしのマーケット経由のサービスに問題があった場合、最大10万円を保証

今回お願いしたのは「くらしのマーケット」経由の業者さんです。くらしのマーケットでは全国の加盟店がエアコンに限らず得意な作業を登録していてお願いしたい作業と業者さんを選択できるシステムです。お店によって対応できる地域も記載してあり絞り込みで検索できるのも使い勝手がいいです。

各業者さんの口コミも参考に選べるの安心できるポイント。加えて、サイト経由で作業をお願いするまで個人情報は開示されないシステムなのでセキュリティー面でも安心です。

完全分解洗浄ですみずみまでキレイに

  • 完全分解洗浄で送風ファンの奥や排水受け皿まで徹底的に洗浄
  • エアコンクリーニング業界初採用のファインバブル洗浄でラジエター部の置くまで届く
  • 万が一の事故にも損害保険でお客様の負担無しで速やかに対応します

もう一つサービスをご紹介します。「おそうじ本舗」です。おそうじ本舗はフランチャイズ方式の家事全般の代行サービスです。エアコン洗浄に限らず、キッチンファンの油汚れやお風呂の徹底的な掃除なども手がけています。

自社での技術開発に対する取り組みが行われているようで技術力には自信を持っています。

今回は作業の後に次回クリーニングの案内もしてもらいました。作業に納得できたら今後のクリーニングなどの相談をしてみるといいのではないでしょうか。何回か相談していますがいずれも親身になって話を聞いてくれます。業者さんもリピーターはとてもありがたいんだともいます。

お話した内容の一つに繁忙期のことがありました。やはり繁忙期は7〜8月だそうです。みなさん暑くなってガンガン冷房を使用するようになって依頼するケースが多いようです。エアコンから汚い結露水がたれてきて焦って連絡をもらうケースなんかもあるとおっしゃっていました。

多くの業者さんでダイナミックプライス制を導入しているとのことで繁忙期には洗浄料金が高騰するようです。逆に、今回依頼したのは10月下旬です。この季節はエアコン洗浄に関しては空いているとのことでした。そのため、料金も比較的リーズナブルでした。

冬の暖房をガンガン使用する前の季節に洗浄作業をしようと依頼したのですが大正解でした。

エアコン洗浄を自分でやるには

エアコン洗浄って道具と洗剤を購入すれば専門の業者ではなくても時間さえかければ個人でもできます。

実際、私も小型のスチームクリーナーを代用して過去に取り組んだことがあります。知識がないのでエアコンの分解に手間取ることやスチームクリーナーで代用するので余計に時間を要することもあり、得したなとは思いにくいのが実際でした。

エアコン洗浄に必要な道具

【PR】楽天市場

必要な道具はズバリ4つ。

  • 高圧洗浄機(専用の洗浄機が圧力など適した設計になっているのでオススメ)
  • 専用洗剤(プラスチックやアルミニウムのラジエター部を溶かしたり腐食しない専用のものが必要)
  • 専用カバー(本体部の囲いながら汚れや洗浄水が他に飛び散らないようにし、排水をバケツに導くカバーが必要)
  • バケツ(洗浄した水をためておく容器)

特に専用の高圧洗浄機は2万円台からの価格設定で、トータルで揃えると3万円〜4万円台の費用が必用です。毎回買う必要のあるものは専用洗剤だけとはいえ、かなり高額の出費となります。

エアコン洗浄作業に必要な時間

一般の方が、道具を揃えたとしてもエアコン清掃に関する知識がないので思いのほか時間がかかります。

私が経験したポイントを何点かご紹介します。まず1点目は洗浄に取り組むため、ある程度、エアコンを分解する必要があるのですが、分解の仕方がわかりません。外すべき爪がどこにあるのとか、緩める必要があるネジはどこなのかとかの情報です。ネットを見ても情報がある機種、ない機種まちまちです。クリーニング業者さんは迷いなく分解していました。分解に関する知識は桁違いです。

次のポイントは養生のためのポリシートをうまくセットできません。自分で洗浄をおこなったときも汚れた水が飛び散らないようにする専用シートを購入・使用したのですがそもそもセットするのに慣れが必要な作業です。どの順番でセットしておけばいいか、どこに養生テープを貼ったらいいかなどなどエアコンの機種ごとに微妙に違っていて試行錯誤しながらセットする状況です。これも多くの洗浄を経験した業者さんはコツをわかっているらしくものも5分もしないうちにセットして掃除に着手します。

最後のポイントは専用の道具をちゃんと購入しなかったことが原因なのですが、エアコン洗浄用の高圧洗浄機を購入せずに汎用のスチームクリーナーを利用して洗浄を行いました。このために必要以上に時間がかかってしましました。webサイトによってはスチームクリーナーでうまく洗浄できたよ!って記事もありますが、私はおすすめしません。

とにかく、個人で取り組むととても大変で1台4〜5時間ほど洗浄に時間がかかるのは覚悟したほうがいいと思います。

エアコン洗浄の流れ

それでも自宅にたくさんのエアコンがあったりして、業者さんに頼まず自分でやりたいよ!っておっしゃる方もいるかもしれません。

けっして難しい作業ではないのですが、とても手間がかかり時間を取られる作業であることは事実です。私の経験を踏まえて注意すべき点を振り返ってみようと思います。

プラスチック部品を分解する

作業の第一歩はエアコンを分解するところからです。エアコン本体は室外機とつながっているので完全に分解することは不可能なのですが、冷却部品と風を送るシロッコファンを洗浄できるくらいには分解できます。

具体的には前面のプラスチック部品はほぼ分解できるようです。ただ、各社それぞれのモデルで分解方法はまちまちで今まで分解経験がないと、分解方法をネットで調べながらの取り組みになります。ネットに分解方法が載っていればいい方でのってない機種も当然あります。そうなると手探りの分解になってかなりの時間をとられます。

ご自分で作業を考えている人は一度、ご使用されているモデルの分解方法がネットに出ているか確認してみてから取り組んでもいいかもしれません。一方、洗浄業者さんの場合、ほんの数分で分解してしまいます。これはたくさんのエアコンを洗浄してきた経験なんだとつくづく感心しました。自分でやったことないと気づかないポイントかもしれません。

専用のポリ袋型養生シートと養生テープでエアコンを囲い、電気回路部分をタオルなどで養生する

エアコンが分解できたら次の作業は洗浄時に出る排水をまとめて流す樹脂製のカバーを設置する順番ですが、その前に電子基板を防水のために養生する必要があります。電源コンセントを抜くのはもちろんですが、基板や配線類に洗浄時の水や洗剤がかかるのを防ぎます。

カバーは樹脂製のエアコン洗浄専用品ですが、エアコンには各社様々なタイプがあります。取扱説明書はあるのですが、それぞれエアコンの種類に応じて試行錯誤は必要です。

熱交換器とファンに専用洗剤をかける

エアコンの熱交換器はアルミニウムでできていることが一般的です。アルミニウムは酸性やアルカリ性の薬品に侵されやすいので、専用の洗剤を使用することが大切です。

無理に台所掃除用のアルカリ性の強い洗剤や塩素系のカビ取り洗剤を使用すると金属部分を溶かしてしまい故障の原因となります。専用の洗浄洗剤はエアコンを痛めることなくカビやホコリなどを除去してくれます。

【PR】業務用のエアコン専用洗剤

  • エアコンにダメージを与えない専用洗剤を使用することが大切
  • 石油系原料と植物系原料を用いた2タイプがあり、各社洗浄力特化系と環境・皮膚に優しい系にタイプ分けできます
  • プロ向けの業務用洗剤でも1Lから購入できます

高圧洗浄機で洗う

専用洗剤をかけ、しばらく時間を置くと汚れが徐々に浮き出てきます。その浮き出た汚れを専用の高圧洗浄機で洗い流します。

ここで使用する高圧洗浄機は車洗浄で使用するような水圧の強いものではありません。水圧が強すぎるとプラスチック部品や熱交換器を破損する原因となります。またスチームクリーナーなどの水圧が弱い道具で代用すると時間がかかることとなります。

【PR】エアコン専用洗浄機

  • エアコン洗浄洗浄機なら柔らかいラジエター部やプラスチック部品を破損しません
  • 専用ノズルやアタッチメントの使用が圧倒的に便利です
  • 専用機でも3万円台から購入が可能!自家用で使用するならタンクのないタイプがおすすめ

専用シートと養生テープを片付ける

写真に写っている真っ黒に汚れた水はエアコン洗浄の排水です。専用の高圧洗浄機で汚れを洗い流したら、養生シートと固定していたテープを剥がします。

ここで注意が必要なのは壁に貼った養生テープです。慎重に剥がさないと、壁紙を破いてしまいます。

分解した部品を再度組み立てる

室内が汚れないように養生していた専用シートを片付けた後は、分解して掃除していたパーツを再度組み立てます。古いエアコンなどのプラスチックパーツは壊れやすいので扱いは慎重にしましょう。

特にエアコンのプラスチック部品ははめ込み式の爪で固定するケースなどもあり、無理にはめ込むことなど無いように注意しましょう。

1時間ほど暖房運転を行う

分解したエアコンが組み上がったら、あとは洗浄して水分が残っているエアコン内部を乾燥させます。温度MAX・風量MAXの暖房運転で1時間ほどが目安となります。

この乾燥をしっかりしないで湿気がエアコン内に残っていると、洗浄でせっかくカビを除去したエアコン内部が再びカビの巣窟となっていしまいます。

特に冷房使用後などは「内部クリーンモード」などで機内を十分に乾燥させることが、少しでもカビの発生を遅らせる方法となります。ちょっと古めのエアコンなどは冷房使用後に機内が湿気るのを防ぐ機能がなかったりします。そんなときは冷房使用後に送風モードで2時間程度自動運転・自動スイッチオフで代用してください。

きれいになったウチのエアコン

カビだらけだったうちのエアコンもお願いした業者さんの洗浄作業で驚くほどきれい気なりました。

ドライや暖房運転を行うとカビの臭いが気になっていたのが全くなくなりました。

お話を伺うと2年に一度くらいは洗浄作業をおすすめするとのことでした。カビ臭いのが気になりだしたら作業してもらうのがいいかもしれません。

幸い私達家族では呼吸器系やアレルギー系の不調を感じている人はいません。ただ、他の疾患などで基礎体力が落ちたときにいつ影響が出てくるかもしれません。

エアコンの洗浄はエアコンの効き明らかにが悪くなったり、内部から汚水がたれてきたりしなければ必ずしも実施する必要はないと言います。

しかし同じカビ取りで対比したのが、お風呂のパッキン部や台所で使っているふきんが真っ黒にカビで汚れたらカビ取りの洗剤でキレイに洗うのが一般的だなぁと。エアコンもキレイに洗浄することによって快適に生活できれば、それが一番ではないでしょうか。

まとめ

  • エアコン洗浄を業者さんにお願いした体験談をお話しました。
  • エアコン洗浄を自分でやったこともあるのでその時のお話もあわせて記事にまとめました。
  • 次回以降の洗浄の相談を業者さんにしたら親身に相談に乗ってくれました。
タイトルとURLをコピーしました