【おうちカフェ】ホットサンドメーカーは直火で決まり!【キャンプでも大活躍】

アイテム紹介
スポンサーリンク

カフェはもちろん、昔ながらの喫茶店に行くとホットサンドをよく頼む『かぐや』です。

『つきのみや君』が生まれてからはなかなかカフェに行く機会もなく、さらにはコロナ禍でますます足が遠のいてしまいました…

大好きなホットサンドを自宅で食べるべく、電気式のホットサンドメーカーを買ったのですが、どうも納得がいかない仕上がり…(個人の感想です)

色々調べてみると、直火で作るタイプのホットサンドメーカーで人気のBawLoo(バウルー)というメーカーのものを購入してみたら大正解でした!それではご紹介スタート。

BawLoo(バウルー)とは

イタリア商事株式会社の製品で、日本製です。なんと35年以上も前から長きに渡り販売している商品で、ホットサンドメーカーの定番です。お値段は5,000円弱と電気式と大差はありません。

ホットサンドファンから長く愛されている商品で、大人気商品です。

『パンに具を載せて、挟んでコンロで焼くだけ』というシンプルでかんたんにホットサンドを作ることができ、かつ直火で焼くことにより表面はカリッと中はふわふわです。

BawLooホットサンドメーカーの種類は2種類

BawLooにはシングルタイプとダブルタイプがあります。我が家ではシングルタイプを購入しました。

使い込んでいるため傷が散見されます笑

シングルとダブルの違いは、真ん中に区切りの線があるかないかのようです。サイズはほとんど変わらずです。

ホットサンドを作ってみる

ホットサンドの作り方はとても簡単。

画像の通り、市販の食パンがちょうど入るサイズです。
ここに好きな具をのせ、もう1枚パンをのせてはさんで焼くだけです。

直火って難しくない?

直火と聞くと難しくない?というイメージが浮かぶのは私だけではないと思います。
実際私も購入前は少し不安でした。

Q.火加減は?

A.基本弱火です。片面3~4分ほど焼いていますが、注意しなければいけないのは2枚目以降。
すでにバウルーが温まっているため、2枚目以降も連続して調理する場合は少し時間を短めにしましょう。

Q.食パンは何枚切り?

A.8枚切りがオススメです。6枚切りもぐっと押し込めばはさむことは可能ですが、パンがぺったんこになります。

Q.サンドイッチ用の食パンでも大丈夫?

A.もちろん可能ですが、サンドイッチ用で市販されているものは耳がないものが多いため、バウルーのサイズよりも小さめです。そのためひっくり返すときに少し動くことはあります。薄めのパンがいいという方は、敷島製パンから発売されている【超熟の10枚切り】が耳付きでおすすめです。

Q.具材は何でもいいの?

A.なんでもOKです!我が家でよくはさむのは
・ハムチーズ(鉄板!)
・タマゴサラダ(一番好き)
・目玉焼きとハム
・ポテトサラダ
です。野菜がない…笑 チーズを入れると、接着剤の代わりになってパンとパンが離れづらくなります。

直火なのでバーベキューやキャンプ飯にも使える

電気式と違い直火のため、バーベキューやキャンプにも持っていけます。
キャンプの朝ごはんに、温かいコーヒーとホットサンド。

なんか素敵でワクワクしますよね♪

出来上がりはこんな感じ

前述の通り、5分ほどで完成します。

外はカリッと、中はふわふわのホットサンドの完成です。このままかぶりつくのもいいですが、半分にカットすると食べやすいです。

今回はシンプルにハムとチーズのホットサンドにしました。ここにキュウリやレタスを入れても美味しいと思います。

まとめ

  • 直火で作るホットサンドメーカー、バウルーのご紹介でした。
  • 電気と違い微調整も簡単で、もちろん丸洗いも可能です。
  • 火加減は難しくなく、外はサックリ中はふわふわのホットサンドが簡単にできます。
  • 金額も電気式と変わらず、小さいので置く場所にも困りません。

タイトルとURLをコピーしました