【マッコリカップ】料理研究家コウケンテツが使っている韓国食器がキッチンツールとして優秀だった話

アイテム紹介
スポンサーリンク

料理研究家のコウケンテツさんをご存知でしょうか?You Tubeで料理系の動画をアップしている方です。

男料理的なガッツリメニューを動画で美味しそうに紹介してくれる研究家さんで、コンセプトの一つが「Brown is beautiful」。

どこの家庭にもあるような材料をメインに使っているので、毎日のメニューに最適だなぁと思って拝見しています。

名前のとおり在日の方でルーツは朝鮮半島にあるみたいです。

そのため動画にちょいちょいむこうの食器やキッチンツールが出てきます。その中で「マッコリカップ」というとても便利そうなツールが登場したので私達も調べて購入してみました。

さらに!料理で使うことをメインで考えているいるのでコウケンテツチャンネルで登場するものよりも丈夫な素材のものをチョイスしました。

それではご紹介スタート!

【韓国食器】マッコリカップとは

マッコリとは朝鮮半島で飲まれている醸造酒で日本でいうどぶろくです。米を主原料としており、日本酒との違いは甘みが強いのと、アルコール度数が低いことです。

マッコリは古来、各家庭で作られていた家庭醸造酒です。農民が農作業のできない雨の日に飲むお酒だったこともあり、簡単な容器がマッコリをのむ器として定着していたようです。ヒョウタンを半分に切った柄杓ですくって飲んでいたとか。

現在でもアルマイトのヤカンにアルマイトの器で飲むというのが一般的なようです。20年以上前の話になりますが、東京御徒町にあった韓国街の焼肉屋では自家製マッコリというのがヤカンに入って出てきました。酒税法を遵守してたことを切に願いますが、とても美味しかったのを記憶しています。

庶民的文化をルーツにもつマッコリカップは飾らない200〜300ml程度のアルマイトの器であることが一般的です。取っ手が付いているものとついてないものがありますが、料理研究家コウケンテツがキッチンツールとして使用しているのは取っ手のついたアルマイト製のものです。

料理研究家コウケンテツとは

コウケンテツは大阪生まれの料理研究家で母と姉も料理研究家・フードコーディネーターという料理一家に育ちました。家族で囲む食卓の大切さをコンセプトに料理本やYouTube動画に取り組んでいるそうです。

韓国料理だけではなく、エスニック料理、イタリアンや日本の家庭料理など活躍するジャンルは多岐にわたっているのが特徴です。著書や動画で紹介される料理はいずれも専門的な材料や特殊な材料を使うことを極力避け、日本の一般家庭にある材料を中心にレシピを組み立てており、私たちもとても挑戦しやすいメニューとなっています。

そんなYouTubeのコウケンテツチャンネルでキッチンツールとして使用しているのがマッコリカップなのです。取っ手のついたミニボールとして調味料を混ぜたり、とき卵を溶いたりと活躍しどころは多岐にわたっています。

キッチンツールとして選ぶマッコリカップ

韓国のアルミライスワインボウル,スープとラーメンを提供する台所用品

マッコリカップは本来、マッコリを飲むための酒器です。そのため素材もそれほど耐久性を必要としないないためアルマイト製です。また、容量も150mlから大きくても300ml程度のものが中心となっています。取っ手もついていて柄杓の用に使えるものがあったり、着いていないお椀型のものであったりと2パターンの物があります。

そんな中でキッチンツールとして使い勝手の良いタイプについて使ってみての感想をまとめてみました。

【マッコリカップ】キッチンツールとしておすすめの素材

マッコリカップの素材として代表的なものはアルマイト製とステンレス製のものです。酒器としてのみ用いるのならアルマイト製のものが軽くて、価格も安くておすすめです。

ただキッチンツールとして使用する場合はステンレス製のものをおすすめします。なぜなら、ステンレス製の製品のほうが耐蝕性に優れているからです。

アルマイトとはアルミニウムに酸化皮膜の処理を行い錆びにくくした素材をいいます。酸化被膜があるため多少は耐性がありますが基本的には酸性やアルカリ性の食材に弱い特徴を持っています。そのためお酢や梅干しをたくさん使った調味液などを長時間入れておくのに不安な面もあります。

韓国のステンレス製ラウンドステンレス製フライパンハンドル付きワインボウル家庭用フードボウルカップ食器台所用品

様々な調味料などを扱うキッチンツールの場合はステンレス製のほうが適しています。

【マッコリカップ】キッチンツールとしておすすめの大きさ

料理するときにタレを混ぜるときに使用する容器は200〜300ml程度が使いやすいのではないでしょうか?それ以上の容量になると500mlほど、この容量を目一杯使用して片手で取っ手を持ちながら使用するのはちょっとつらいシュチエーションではないかと思います。

取っ手ありが便利なのは200〜300mlの容量と言えるでしょう。

キッチンツールとしてのマッコリカップおすすめポイント

マッコリカップは機能的に優れていて、キッチンツールとして使いやすい面があります。調理器具として作られたものではないのに!と驚きです。

【マッコリカップ】スタックができる【オススメポイント】

マッコリカップは本来の使い方は酒器です。普段は食器棚にしまっておくのが一般的でしょう。そのためスタック(重ねて片付けること)がしやすい位置に取っ手がついています。

これが同じような使い方の出来る計量カップではスタックがなかなか難しい物が多いのが一般的です。複数個用意したい場合などは長所になるポイントになるのではないでしょうか。

【マッコリカップ】ぶら下げて収納ができる【オススメポイント】

取手がついているのでキッチンの袋戸棚やぶら下げ収納の位置にぶら下げてスタンバイしておけます。ちょっとしたかき混ぜ用途に使うことが多いツールです。この保管方法はとても便利!

ステンレス製キッチンスタンド,1ピース,ハンギングブラケット,食器棚,コーヒーまたはティーカップ用

わが家では袋戸棚に差し込んで使うタイプの収納ツールを使用してぶら下げています。

【マッコリカップ】取手がついてて持ちやすい、汚れない【オススメポイント】

マッコリカップを料理道具として使って便利なのが調味料を混ぜたり、ドレッシングを作るときです。取手が着いているので手に持ったまま混ぜられるのがとっても便利。我が家で使用しているのが200mlの容量のタイプですがサイズ感もぴったりです。

卵用ミルクエッグマシン,1ピース,キッチン用品,滑り止め,多目的,ミキシングツール

混ぜるときにステンレスのマッコリカップに金属の泡立て器を使うと嫌な音がするので我が家ではステンレスにシリコンコートがしてある泡立て器を使用しています。変な音も立たずに、きれいに洗えて耐久性も不満なしです。

先日は天ぷらのコロモをつけるのに使ってみました。ボールを使うと手が汚れることが多いし、ちょうどいいサイズがないので使い勝手もいまいち。

容量200mlだと家族3〜4人分の天ぷら調理に最適です。

【マッコリカップ】ステンレスなので塩分やお酢の強い食材もへっちゃら【オススメポイント】

アルマイト素材は強い酸や塩分に弱い傾向があります。

30代以降の方で幼稚園などにお弁当を持っていってた方は「お弁当に梅干しいれちゃだめ!」と言われてのを記憶されているとおもいますが、まさにアルマイト素材が強い酸や塩分がに弱いのが理由となっています。

穴が空いちゃうんですよね。

「お酢とか塩とか使わないから大丈夫だよ!」と言う方をのぞいてはステンレス製のマッコリカップを使うことをおすすめします。

ご紹介のアリエク商品なら1個300円台で非常にリーズナブル!おすすめです。

まとめ

  • 料理研究家コウケンテツがYoutubeチャンネルでキッチンツールとして使っているマッコリカップが調理器具ととても優秀なので紹介しました。
  • マッコリカップはドレッシング作り、調味液作り、天ぷらの衣付けなどに本当に重宝します。
  • 中華通販サイトアリエクならマッコリカップの素材として一般に使われているアルマイトの上位互換になるステンレス素材を用いているマッコリカップが1個300円台で購入できます。
タイトルとURLをコピーしました