【大人スイーツ】ドライフルーツのラム酒漬

料理レシピ
スポンサーリンク

「買えぬなら 作ってしまえ ブランデーケーキ」

かぐや@たけとり家はブランデーケーキがとっても大好きです。でも、高価なのでなかなか手が出ません。ということで、自宅で手作りすることにしました。そこで、まずはドライフルーツのラム酒漬からスタートです。

ラム酒があまったら、ラムコークにして飲もう(笑)

【材料】ドライフルーツミックス、ラム酒

ドライフルーツのオイルコーティングを落とす

今回用意したドライフルーツは粒がくっついてしまうのを防ぐためにオイルコーティングがしているものでした。そのままだと、ラム酒漬にした際に油が浮いてしまうので30秒程茹でてコーティングを落とします。コーティングのないものはそのままでOKです。

茹でた後はお湯を切り、軽くキッチンペーパーやふきんで水気を切ります。そのあと、天板にクッキングシートをひき、オーブンの最低温度(100度くらい)で120分加熱し、乾燥させます。写真のように2段の場合は60分毎に上下左右入れ替えるとGOODです。

保存容器に入れ、ラム酒を注ぐ

今回はル パルフェのガラス容器を使用しました。頑丈で、しっかり気密が保てるすぐれものの容器です。プラスチック製の容器でもいいのですが酸素や香り成分を通す性質があるので注意が必要です。ちなみにラム酒のアルコール成分がプラスチックを溶かす心配はまったくありません。

あまり入れ過ぎると、ドライフルーツがラム酒を吸収し、一杯になってしまうので、容器の7分目くらいが最適です。

ドライフルーツミックス 1kg
ラム酒(ダーク) 1.4L

ドライフルーツがひたひたに浸かるぐらい、ラム酒をいれ冷蔵庫で保存します。ラム酒がドライフルーツになじんだら使用できます。ドライフルーツがラム酒を吸収して頭が出るようになったら再度ラム酒を容器に補充してください。必ずラム酒にフルーツが浸かっていることが重要です。

まとめ

  • ドライフルーツをレーズンにすれば、ラムレーズンになります。バニラアイスといっしょに食べるとむちゃくちゃ美味しいです。
  • ラム酒は今回はダークのものを用いましたが、ホワイトラムを使用すると、フルーツのカラフルさが際立ちます。ダークのものを用いると、コクが高まるような気がします。
  • 漬け込み時間は、ケーキを作る場合、1日でOKです。漬け込み時間が短い場合は容器はプラスチック製のものを使用しても全く問題ないと思います。今回のように次の工程まで時間があるときは冷蔵庫の匂いを吸ってしまったりすると残念なので、ガラス容器を使用することをおすすめします。
  • ブランデーケーキづくりのご紹介は後日しますので、よろしくお願いします。
  • ちなみにラム酒はあまりませんでした。ちょうど2本分使い切りでした(T_T) 残念!

タイトルとURLをコピーしました