【簡単・美味しい】マグロのカマ塩焼きをオーブンで作るの巻【離乳食の材料にも出来る】

料理レシピ
スポンサーリンク

スーパーや魚屋さんでたまに見かける「マグロのカマ」の人気メニュー「カマの塩焼き」のレシピをご紹介します。

マグロのカマは脂も乗っており、値段も手頃なので日頃のレパートリーに加えたい食材です。今回は冷凍品として売られていることの多いマグロのカマの解凍方法からオーブンで焼く手順を詳しく解説していきます。

ちなみに今回調理のカマは近所の魚市場に行って購入してきました。その魚市場は土曜日に一般消費者向けの販売をしています。みなさまのお家の近くの魚市場にも一般消費者向けの営業している曜日などがあるかもしれません。訪ねてみてはいかがでしょうか?

それではご紹介スタート!

魚市場で買える冷凍マグロのカマや切り落とし

土曜日に魚市場に行くと平日は飲食店や魚屋さん向けにビジネスをされている仲買のお店が個人消費者向けに販売をおこなってたりします。

普段はkg単位でしか売らないお魚も個人消費者向けに食べきれる量で販売しています。

また市場ならではの目玉商品としてさまざまな魚介類が格安で買えることがあります。とくに冷凍マグロの切り落としやカマなどは多くの市場で扱っており「ホタテ」も見かけるとよく購入しています。

マグロのカマは塩焼きや香草焼きに

たとえば冷凍のカマは塩焼きや香草焼きが美味しく、お手軽なのでオススメです。

美味しくジューシーに料理するポイントは生臭さの原因となる血の塊や汚れを水洗いや塩水処理によって洗い落とすことです。

今回はこのカマ塩焼きについて後ほど、詳しくご紹介します。

生食出来る部分はお刺身や漬けで

お買い得なマグロの中には生食オッケーという商品もあります。そういった商品はお刺身にしたり、スプーンで掻き取ってネギトロの素材にしたりします。

意外とお刺身で食べられる部分が多く、中トロ部分もあったりしてお得感が大きいです。食べ切らないなとおもったらマグロの「漬け」などでいただくのも美味しい食べ方です。

参考のブログはこちら:【簡単】マグロのづけ丼の作り方巻【レシピ】

血合い部分は血抜きしてニンニクしょうがをたっぷり効かせて唐揚げや竜田揚げで

お刺身して食べられる部分を切り分けた残りに血合い部分がたくさん残ることがあります。血合い部分は生臭く、そのまま食べるのには適していません。

ぶつ切りにし、水道水に20分ぐらい漬け、水を替える血抜きを3~4回繰り返し、唐揚げや竜田揚げの材料にします。

しょうがやニンニクをちょっと強めに効かせればマグロの旨味の凝縮したお酒のおつまみにぴったりなメニューとなります。

【人気レシピ】マグロのカマ塩焼きの作り方【オーブン加熱で美味しく】

マグロのカマ塩焼きの調理手順は同時並行で行う作業がなく、放置して待つ作業も多いので非常にわかりやすいです。他の献立を作っている間に同時並行で調理に取り組むことも可能です。買ってきたマグロを流水で洗い、塩水に漬け、水分を取り、塩を少しなじませオーブンでコンガリ焼けば完成です。

所要時間は2〜3時間となりますが、ほとんど待ち時間です。それでは材料や具体的な作業を確認していきましょう。

マグロのカマ塩焼きの材料

マグロのカマ片身
小さじ1〜2
黒コショウお好みで
各種ハーブ
(お好みで)
お好みで

材料はシンプルです。マグロのカマと塩のみです。マグロの種類は本マグロが一番美味しいと思いますがミナミマグロ、バチマグロ、メバチマグロ何をつかってもそれぞれの美味しさが楽しめます。メバチマグロやバチマグロなら数百円で半身分が購入できます。今回はバチマグロのカマ約1.2kgを使用しました。

味付けは各種ハーブを使用してもおいしく召し上がれるのではないでしょうか?今回は離乳食完了期の「つきのみや」君も一緒に食べる予定なのコショウを含めた香辛料類は使用しませんでした。

【カマ塩焼きレシピ】冷凍カマの解凍・下処理方法【マグロ】

マグロの冷凍カマは市場やお魚屋さんで購入してお家に帰ってもまだ凍っている事が多いです。凍ったままでオッケーですので水道水でよく洗います。窪みになった所や筋の付け根などは血の塊などもあり、そのままにして調理すると生臭さの原因になります。

水洗いした後、3%の食塩をつくり塩水処理を行います。塩水処理とは塩水に魚の切り身を10~30分程度漬け置き、その後表面の汚れや血の塊を洗い落とす作業のことです。

塩水処理後は、キッチンペーパーでよく水気を拭き取ります。反対側は分厚い皮がついていますが、皮つきのまま塩焼きにしますのでそのままでOKです。

【カマ塩焼きレシピ】マグロカマ塩焼きの味付け方法【マグロ】

水気を拭き取ったカマに味付けをします。今回は「たけとりの家」のお子さま「つきのみや君」も食べる予定なので塩だけの味付けにしました。量はカマ約1.2kgに対して小さじ1の量を使用しました。

塩をまんべんなくふった後、30分ほど冷蔵庫で落ち着かせます。大きいお子さまや大人だけの場合は黒コショウや香草をたっぷり効かせるととってもおいしいです。

おすすめの香草類はセージ、バジル、ローズマリー、チャービルあたりでしょうか?フィーヌゼルブなんかもいいと思います。

マグロのカマの表面に水が出てきたら、軽くキッチンペーパーで拭います。

【カマ塩焼きレシピ】マグロカマ塩焼きのオーブンでの焼き方【マグロ】

カマ塩焼きはオーブンで焼くとジューシーに美味しくできます。ガスレンジの魚焼きグリルに入れば魚焼きグリルを使用してもオッケーなのですが、大きすぎて入りきらないことがほとんどです。

魚焼きグリルを使うためにマグロのカマを包丁で切ることは危険なのでやめましょう。怪我の元です。

オーブンの加熱は余熱なしで200℃、60~90分の加熱が最適です。皮目を下にして焼きます。60分位で様子を確認し、追加で30分加熱するか確認してください。

中までじっくり火が通ったら完成!

オーブンで60〜90分加熱し、表面に軽く焦げ目が付いたら完成です。写真のお箸で取った部分はいわゆる「カマトロ」の部分です。フアフアに焼きあがりました。今回は「つきのみや」君も食べるので軽く塩で下味をつけただけです。

大人が食べる時は塩コショウを追加でしたり、ワサビ醤油でいただきました。「つきのみや」君にはお箸で骨に注意しツナフレーク状にして出しました。美味しかったらしく手づかみで一生懸命食べていました。大人も離乳食完了期ちっちゃな幼児も楽しめるメニューとなりました。

加熱したマグロは離乳食に使える?

小さなお子さんがいるご家庭では大人向けメニューを一緒に食べられるのかということは大きな関心事だと思います。

結論から言うとマグロのカマ塩焼きはシッカリ火を通し、味付けが濃すぎなければ、離乳食中期7ヵ月位から食べて大丈夫です。ツナ缶の原料もマグロです。アレルギーが心配な方は少しずつの量から試してみてはいかがでしょうか?

ただコショウや香辛料など、お子さまと一緒に食べるときは控えましょう。

特に1~2歳くらいの子は大人が食べているものを一緒に食べたがったりします。お子さんにとって同じおかずを食べられたときの満足感はとても高いのではないでしょうか?

まとめ

  • 魚市場で購入したマグロのカマで塩焼きを作ってみました。放置工程の多い、簡単料理です。とてもおいしくジューシーに出来上がりました。
  • 塩焼きの他は煮付けもおいしくいただけます。甘辛く煮付けるととてもご飯の進むおかずとなります。
  • お刺身で食べられるマグロの切り落としが購入出来ることがあります。多くの場合、血合いがついていて生可食部分を解凍後に切り分けます。手間のかかる作業で飲食店では手を着けないところですが、お刺身でかってくると3000円以上しそうな部分を500円で食べられたりします。ご家族で楽しみながら取り組むのはありだと思います👍
タイトルとURLをコピーしました